手間を減らして受付数UP!
EPARK歯科のおすすめ活用方法

EPARK歯科に契約してみたけれど「何から始めてよいかわからない」「使いこなせていない」
「思っていたほどの効果を感じられない」といったお悩みはありませんか?
16,000以上の契約医院様の利用状況から導き出した6つのおすすめ活用方法をご紹介します。
「ホームページからネット予約ができない」「空いている時間に予約したのに、折り返し電話で変更になった」「電話予約しかやってない」「今すぐ歯医者に行きたいのに今日の予約ができない」

患者様や医院様のニーズに合わせた
ベストな運用方法に変更すると…

  • 1 患者様に選ばれやすくなり、
    受付数が増加!
  • 2ネット予約で受付の電話応対業務が減る
  • 3 次回受付の応対時間も減り、
    業務改善できる
上記のほかにもたくさんのメリットがございます。

01

無料予約電話ボタン追加

予約時に無料通話が利用できるようになり、患者様の利便性が向上します。

無料予約電話ボタンを追加
電話代が無料だと、患者様は気軽に電話してみようかという心境になりやすく、受付が増加する傾向があります。
スタッフの業務負担軽減や、診療時間外のお問い合わせの取りこぼしを防ぐには、オプションサービスの「電話受付代行サービス」の導入もおすすめです。

\期待できる導入効果/

1ヵ月の平均受付数
1ヵ月の平均受付数約2.5件増加
年間にすると‥
30
の差になります!
※2021年11月 EPARK歯科 総受付数の平均より

02

ネット予約ボタン追加

診療時間外含めて24時間予約可能になるので、機会損失防止につながります。

電話予約の一部がネット予約に置き換わると、受付スタッフの業務負担も軽減します。

「EPARK歯科」ネット受付・電話受付比率
※2021年12月 EPARK歯科調べ

さらに予約の41.1%が診療時間外!
ネット予約に対応すると機会損失も防げます。

「忙しくて診療時間内に電話できない」「心理的抵抗がある」等、年々電話よりネットでの予約が増えており、現在は6割を超えています。 医院様のホームページにもネット予約ボタンをつけることができます。(※別途お申し込みが必要)

\期待できる導入効果/

1ヵ月の平均受付数
1ヵ月の平均受付数22.8件増加
年間にすると‥
273.6件
の差になります!
※2021年11月 EPARK歯科 総受付数の平均より

03

当日翌日の予約を受け付ける

「今日・明日」の条件で検索したときに表示され、多くの患者様に選ばれやすくなります。

一番予約されることの多い診療時間外(19時~朝8時)の予約にも対応することができます。

当日・翌日受付の割合が半数以上
※2021年11月 EPARK歯科 総受付数の平均より
当日翌日予約の受け入れにはいくつか程度があり、即時・4時間以内・8時間の大きく3段階です。 即時>4時間以内>8時間受付の順に、受付が増えやすい傾向があります。

緊急性が高い診療メニュー

当日・翌日受付が特に多いメニュー

受付時間が推奨の4時間の場合

今日行けるで検索したときに表示可能

緊急性が高く当日予約の多い「虫歯・つめ物/かぶせ物・小児歯科」を4時間以内にするのがおすすめ!!

\期待できる導入効果/

1ヵ月の平均ネット受付数
1ヵ月の平均受付数11.2件増加
年間にすると‥
134.4件
の差になります!
※2021年11月 EPARK歯科 総受付数の平均より
1ヵ月の平均受付数10.6件増加
年間にすると‥
127.2件
の差になります!
※2022年4月 EPARK歯科 総受付数の平均より

04

仮受付から本受付に変更

予約が入ったときに即時に確定になり、患者様に選ばれやすくなります。

折り返し電話が不要になり、受付スタッフの業務負担が軽減されます。

本受付(確定予約)のニーズ

1ヵ月のネット受付比率の7割が本受付
※2021年11月 EPARK歯科 総受付数の平均より
仮受付は医院様からの折り返し電話で予約が確定するため、患者様の不満につながりやすく、即時に予約確定する本受付が患者様に選ばれやすい傾向があります。 また、本受付にすることでEPARK歯科の検索時に上位表示されやすくなり、予約の増加が期待できます。
スマホ・タブレットで予約管理が簡単にできる

ネット予約・今日明日予約・本受付の導入時には EPARK歯科予約管理システムに空き状況を入力する 必要がありますが、スマホ・タブレットからも簡単 操作で管理できるアプリをご用意しています。

\期待できる導入効果/

1ヵ月の平均ネット受付数
1ヵ月の平均受付数7.1増加
年間にすると‥
85.2件
の差になります!
※2021年11月 EPARK歯科 総受付数の平均より

05

予約可能枠(ライン数)を増やす

予約が取れる枠が増えることで、患者様の利便性が向上し、受付数増加につながります。

チェア稼働率が上がり、業績改善もおこなえます。

予約可能枠を追加した場合のイメージ
歯科医師と歯科衛生士の予約可能枠をそれぞれ設定しておくと、同じ時間帯の枠に定期健診とその他の歯科診療を同時に受付できます。
また、他に空いているスタッフがいるにもかかわらず、ネット予約では予約が取れず、電話予約なら予約ができるという状態を解消できるようになります。

\期待できる導入効果/

1ヵ月の平均ネット受付数
1ヵ月の平均受付数17.3件増加
年間にすると‥
207.6件
の差になります!
※2022年4月 EPARK歯科 総受付数の平均より

06

対応している診療メニューの追加

患者様が治療内容で検索したときに、検索結果に表示され選ばれやすくなります。

フォームにも診療メニューが追加されるので、患者様の希望内容が把握しやすくなります。

診療メニュー選択画面イメージ
対応している診療メニューをすべて設定しておくと、その治療に対応する歯科医院として検索時に表示されるようになり、多くの患者様の目に留まりやすくなります。
また、予約フォームでも追加した対象の診療を選べるようになるので、患者様が希望する治療や症状を正しく把握することができます。

\期待できる導入効果/

1ヵ月の平均ネット受付数
1ヵ月の平均受付数
年間にすると‥
159.6件
の差になります!
※2022年4月 EPARK歯科 総受付数の平均より  ※地域やシステム利用状況によって異なります

それぞれの設定変更は簡単・
スピーディーに対応可!
医院様の状況やご希望に合わせて無理なく始められます

6つのおすすめ活用方法について、全力でサポートしております。
詳しい内容の説明やアドバイス等もおこなっておりますので、
お気軽にお問合せください。