矯正の患者様を増やしたい歯科医院様必見

自費率アップ、通常ページのみでは情報不足?

矯正歯科の集患に向けた最適なアプロ―チとは?

コロナ禍で歯列矯正を検討している方が増加傾向!
需要を取りこぼさないためには
「適切な方法での情報提供」が必要!

矯正治療検討中の患者様イメージ

歯列矯正を検討している方は、マウスピース矯正など手軽で目立たない治療方法が普及してきたことや、コロナによるマスク着用などにより増加傾向にあります。

このような需要が増えている歯列矯正ですが、実際の歯科医院では矯正歯科を焦点にあてた集患への取り組みが上手くいっていない医院も多いようです。

集患が上手くいかない原因は…
 「患者様が検討するのに十分な情報を掲示できていない」

矯正を希望する患者様は、他の治療より「高額」「長期の治療期間が必要」等の理由により、時間を掛けて検討する傾向が強いです。
そのため、患者様が検討する情報が少なければ、選択されづらくなってしまうと言えるでしょう。

それでは患者から「選ばれる歯科医院」になるためには、どのようにして情報提供を強化すべきでしょうか?
本書では、弊社がインターネットを利用して独自調査を行ったアンケート結果より見えてきた矯正に関する実態や、
矯正歯科の選ばれるポイント、矯正をしたい患者の集患に向けた取り組みを紹介します。

矯正をしたい患者様のお悩み

こんな方におすすめの資料です!

  • 自費診療を増やしたい

    おすすめの理由1
  • なかなか矯正患者が
    集まらない

    おすすめの理由2
  • 自費率向上への
    取り組みができていない

    おすすめの理由3

当資料でご覧いただける内容

矯正に関する実態調査
  • 子供や女性を中心に高まる矯正の需要
  • 矯正の情報収集に関する実態
  • 矯正歯科の選ばれるポイント、懸念点
矯正歯科に焦点を当てた集患への取り組み
  • 患者に安心して選ばれるために情報提供を強化する
  • 患者が自分から矯正治療を選べるように、
    歯科医院が具体的にすべきこととは?
  • ウェブ以外の情報提供をどのように行うべきか?
  • ウェブの情報提供で必要なこと
矯正したい患者の集患率を上げる新しいプラン
「矯正強化メニュー」
  • 矯正強化メニューの特徴
    ・ 矯正歯科に関する情報を充実
    ・ アプリで自費診療の紹介ができる
  • 自院ホームページとEPARK歯科の矯正強化メニューとの違い
資料表紙イメージ 資料内容イメージ

頁数:16P
ファイル形式:PDFデータ

資料は下記からダウンロードしてご覧ください。

無料で資料を
ダウンロードする